ダンボールの中の80年代

実家を片付けていると十代だった私の持ち物の入ったダンボールを発見。中には80年代の日本のハードコア、パンクのレコードやライブを録音したカセットテープ、当時の雑誌がざっくざく(でもない)。 このブログではそれらをネタに書いていきます。80年代を懐かしんでください。

カテゴリ: インディーズ(自主制作)の手書き広告

相変わらず飛ばしている(笑)ナゴムレコードの広告。「天下をとった」などと書いてありますが、たしかにリリース数もすごいですし、勢いがあるなぁということがわかります。1985年の『宝島』1月号です。有頂天のギグのいとうせいこうさんの名が(笑)たしか当時はラップか ... もっと読む

注文しておいたBLOOD SUCKER RECORDの「GUDON 1984-1990 REST IN PEACE」が届いた!CD&ライブDVDということでお得な1枚。これで「愚鈍」はもれなく聞くことができますな~。「帰ってきたウルトラマン」でツインテールを捕食するグドンのイラストが超カッコイイんですけ ... もっと読む

『DOLL』(1986年2月号)のAAレコードの手書き広告。私の大好きなシティ・インディアンの1stEPの告知が(泣)。このEPを聴いたときはこの広告にあるように、「スーパーバンドやんか」と思ったものです。もっと活躍してもらいたかったなぁ。ちなみに「真近」は「間近」の誤 ... もっと読む

『宝島』1985年10月号掲載のナゴムレコードの広告。「NHKでつぶれるって言ったら問い合わせや励ましの便りが」とあります。NHKって、「インディーズの逆襲」のことかなぁ……。当時見たけれど、内容まで覚えていません。私の贔屓の「怒ってる犬」のまわりは、いかにもテキト ... もっと読む

RBF、というよりルーズの広告、今回は2態。なぜ2つ紹介するかというと、『DOLL』(1986年2月号)ではルーズの「ラウド・マシーン」が3月10日に発売と書いてありまするが、『修羅』VOL.5(1986年2月)では「延期もしくは発売中止もありうる」などとブッソウなことも書い ... もっと読む

↑このページのトップヘ