LIPカセット

PUNK ON WAVE』(パウ)2号(1985年8月)「Vinyl japan」より

「リップ・クリームのカセットはA面LIVE、B面STUDIOバージョンという形で発表された。今回は、ジョニー・サンダースのナンバーを演ったりレゲエを取り入れるなど、新しい展開を見せ、聞きごたえのある出来となっている」


そして同じく
PUNK ON WAVE』(パウ)2号の「THE VOICE」という、バンドの近況などが報告されている欄に、ナオキさんは池袋の大戸屋で7週連続コロッケ定食、ライス大盛りを食べているというジャジャさんの目撃情報が載っており、「70キロの大台に乗るか?」などと書かれている。

ナオキさん、天国でもギターを弾いてください……。

LIPジャケ


というわけでライブは1984年の屋根裏(月日不明)とマザース(1124日)のもの。

B面8曲目はベースのミノルさんがボーカルをとっている。

このカセット、広告によると500本しかつくっていないみたいだが、かなりよい内容なので、CD化したらみんなさぞかし喜ぶと思うのだが……。

f7923026

中にB4サイズの「スタッフ募集」の手書きのコピーが入っており、「ドライバー 要普通免許 1名」と、「マネージャー ギャラなし」(笑)急募、だそうです。


LIP CREAMKILL THE IBM (1985,Dinamight RECORDS)

収録曲

SIDE APRICE OF INNOCENNCEGLASSERLONELY ROCKBANDITVX;2GOOD CHOICE

SIDE BTOP FIGHTCHINPIRANIGHT RIDERremix)、RADIcal MENTAL TRUTHJOHNNY HE’S NEVER DIEBIG FOOT(he’s  chicken  killer)VILLAGE OF DAMEDCITY IS IN COLDwritten by johnny thunders

メンバー

JHAJHA:ボーカル

NAOKI:ギター

MINORU:ベース

MISA:ドラム